トイカメラもデジタル化

まぁスマホアプリも充実しつつ世のかなで、トイカメラも実は進化しているのです。
トイカメラのデジタル化なんです。

Vivitarというカメラです。
(参)http://www.vivitar.com/
見た目は昔のおっさんカメラみたいなやつ。
パッと見、Holgaよりは小さくてコンパクトに見えます。

ブラウンや赤もあるけど・・・やっぱり私は黒派です。
値段はアナログのトイカメラよりは高いけど・・・でも安い。さすがトイカメラ。

2月発売だって、今しばらくの我慢だわ。

Vivitar ViviCam 5050というやが、今爆発的に売れているトイデジカメです。
これだったら、ピンクとか白にオレンジのやつがカワイイかも!?

マジこれはポップなデジカメっす。
これだったらすぐに確認できるし、現像代も不要だね。

ただ・・・重ね撮りはできないけど。やはりそのあたりはアナログじゃないと無理だろう。
でもパソコンソフトやアプリで今後は出てくるかも。

デジタルもいろんな進化をしているからね。

だけど・・・・アプリも便利

トイカメラは現像して初めてどんな写真かわかるのがいいところだけど・・・それが面倒なところでもある。
と矛盾したことを言っています。

今はスマホも進化していろんなアプリがある。
アプリにトイカメラ風に撮れてしまうものもたくさんある

だからついつい出かける時は、アプリで撮ってしまっている自分もいます。矛盾したこと言っていてすみません。
だけど手軽に撮れるの(#^.^#)

だからトイカメラで失敗しないようにアプリで腕を磨いています。
すぐ確認できるので、このアングル良かったとか良くなかったとかわかるし・・・いろんなフィルタでアレンジできるので、失敗が少ないのです。

アプリで加工1 アプリで加工2
 

同じ写真をアプリで加工したんだけど・・・逆にアプリだと色々とアレンジできちゃうので便利。
まぁそれが味気ないといけば味気ないけど・・・。

だから両方を使い分けるといいんじゃないかな?とは思います。
これを見て頂けたらわかると思うけど・・・私の写真の腕はまだまだです。すみません。

ここにアップするのも躊躇しましたがアップしてしまいました。

トイカメラの魅力に迫る

では・・・トイカメラって何がいいと思いますか?
魅力は何と言っても現像するまでどんな写真に仕上がったかわからないところ。

そしておもちゃならではの画像?って言えばいいのかな?
精度が悪いので、高画質にはもちろんならないのだけど・・・・その低画質がいい味だすのです。

しかし私はまだ素敵な写真が撮れたためしがない。
あとはアナログなので、フィルムを巻き上げなければ重ね撮りが出来ちゃいます。

これも出来上がってからのお楽しみとなります。
他人から見たら失敗作のように見えても、意外に重ねてとると素敵な写真に大変身したりする
だけども・・・私はへたっぴ。

デジカメもいいけどね、このフィルムの味がなんともいえずいい写真を作り出す。
上手い人が撮ると本当に素敵になるのであった。
私もその腕もらいたいくらいなんです。

腕がないにもかかわらずこんなに熱く語ってしまっていますがすみません。

もう少し頑張って腕あげますわ。何気ない路地とかいいアングルで撮りたいよ。

連射カメラ

実は一番最初に買ったトイカメラはHolgaじゃないのです。
たしか・・・ビレッジバンガードに友達と行ったときに見つけた四連射カメラを見つけて「これほしい」と思って買いました。

その時はトイカメラとか全然知らなかったのだけど・・・なんかかわいかったので買いました。

実はlomoって知らなかったけどlomoでした。

ActionSamplerというやつのクリアタイプが売っていて可愛かった。

でも一時トイカメラに興味が薄れた時に友達にあげちゃった。これは普通に普通のフィルムが使えるので便利でした。フラッシュタイプも売っていますが、私はフラッシュなしにしました。これは田んぼの田のような四分割でした。一回押すだけで連射だったと思います。

今探すと、横にレンズが四つ並んでいたり、レンズの数がもっとたくさんあったりといろんな種類が出ていました。

でもこの時は、あまりトイカメラの魅力がわからずに友達にあげちゃったんだよね。今思えばもったいなかったです。そのこらだいぶ時を経てHolgaを購入しました。そしてあの小さなトイカメラも。

本当はFisheyeも欲しいけどまだ手にしていません。

なんか・・・アプリで似たような画像になるものを見つけて結局買わず仕舞い。

トイカメラは現像するまでどんな写真かわからないのも魅力の一つなんだけどね。

これはなんでしょう

このキーホルダーなんだと思います?
実は・・・これもちゃんとしたカメラなんです。まぁトイカメラだけどね。

トイカメラ08

どこにフィルムがあって撮影できるのよ!と思いますよね。
こちらはあくまでもカメラ本体だけでフィルムはありません。
でもフィルムどこに収まるの!?と思いますよね。
普通のフィルムはもちろん無理なんで、これにはまる細長いフィルムを使います。

トイカメラ09

右にあるのがフィルムです。こういった感じにフィルムカバーっていうのかな?硬いやつがついているのでカメラが小さくてもなんとかなっちゃうのです。
このフィルムをセットするとどうなるのでしょうか?

トイカメラ10

まずこれが折りたたんだ状態のカメラです。ホントコンパクトでしょ!

トイカメラ11

これは、広げた状態。でも広げただけでもどうやってフィルムが納まるのかがよくわからないね。

トイカメラ12

左下の写真のように、広げてできたスペースにフィルムをカチャっとはめ込みます。そうしたら後ろ側のカバーを折りたたみます。するとセット完了。後ろの右側についているボタンがシャッターになります。前側に巻き取るねじがついているよ。

これは本当に小さいカメラなんだけど・・・今の写真だとイマイチ大きさが伝わらないように思えます。なのでこちらの写真を見てほしい。

トイカメラ13

普通のフィルムとの大きさ。ねっ小さいでしょ!
それでも大きさが伝わらない人のために・・・・

トイカメラ14

どう?さきほどのHolgaとフィルムと一緒に撮ってみた。

楽しい彼が急に態度が変わった遠距離恋愛での失恋

遠距離恋愛をしていて、彼氏が数人の女性と付き合っていたので別れてしまいました。失恋から立ち直る方法を色々実践してもすぐには立ち直れない辛い失恋でした。
彼氏とは、関東と東海という離れた場所に住んでいました。東海方面に観光で行っていた時に、たまたま声をかけられて知り合いました。

そんな彼氏はとても喋りが面白く、慣れた感じで声をかけてくるのです。ノリも良く、見た目もおしゃれな彼氏にハマってしまいました。私の方から積極的に電話をしたり、会いに行っていました。

3ヶ月も過ぎた頃、彼の様子がどうもおかしく、ソワソワするようになりました。部屋に一緒に居ても、どこかうわの空です。そんな彼が出かけて、私1人が部屋に残った時、部屋の中に何か証拠はないかと探しました。

すると、小さなイヤリングが落ちていたのです。それを見て、彼に言いました。でも、彼はしらんぷりをしています。その日は家に帰りましたが、それ以降、彼に電話をしても繋がりません。

家に行っても誰も居ないようでした。でも、確かに彼はその家に居るはずなのです。中から物音が聞こえますし、何かヒソヒソ声も聞こえてきます。居留守を使われてしまっているようでした。

それから何とか彼に会ったら、彼は別人のようにそっけない態度を示してきます。あんなに話上手だったし、ノリも良かったのに、暗く、何を話してもノッてこないのです。

彼の家に行ってもキスをしてくれることもなく、抱いてくれることもありません。私の方から近寄っても、ちっとも相手にしてくれないのです。だんだんムカついて彼の肩を打ってしまいました。

すると、物凄い剣幕で怒るのです。もうその怒った顔を見て、私のことを愛していないなと感じました。バックを持って家を飛び出し、2度と連絡をしなくなりました。

今でもその時の顔を思い出すと、とても悲しくなる失恋でした。

トイカメラの魅力

本当は一眼レフ欲しいんだけど・・・高いでしょ。
そこでトイカメラならばそこそこ良心的な値段なので買える!と思って買ってみました。

トイカメラは色々あるけど・・・私はlomographyのHolgaにしました。
(参)http://www.lomography.jp/
フラッシュないとかなり安い。けどフラッシュありにしました。そして・・・普通のフィルムも使えるようにアクセサリも追加しました。
大きいフィルムも魅力的だけど・・・現像代とかフィルム代を考えるとやはり通常のフィルムが使えた方が便利なので。

トイカメラ01 トイカメラ02
 

ちなみにこれが私のHolgaです。
これが最初の状態なので、大きいフィルムを使う状態なんです。一応セットについていたフィルムです。
トイカメラだけど・・・結構いい感じでしょ(#^.^#)

トイカメラ03

後ろを開けるとこんな感じです。普通のカメラって全部カバー取れないで片方がくっついていて開閉できるのが多いけど・・・これはそのまま取れちゃいます。でもそういうところもトイカメラのかわいいところ。

トイカメラ04

左側が普通のフィルムを使えるようにするためのパーツです。右側はカバーを外しただけの状態です。では左側の普通のフィルムをセットできるようにするパーツを付けるとどんな感じになるのでしょうか?

トイカメラ05

左したにフィルムを巻き取るやつが出っ張っているので置くとちょっと傾いちゃうんだよね。それが難点ですが、便利になりました。

また私が買ったHolgaは4色のフラッシュがあります。

トイカメラ06

左上が黄色、右上が赤、左下が白、右下が青です。上の出っ張った部分をくるくると回せば色を変更できるよ。

Holgaは黒以外もあるんだけど・・・なんか私はカメラは黒と思っているので黒にしました。なんか黒の方が高そうに見える。はは・・・でもトイカメラなんで所詮おもちゃなんだけど・・・それでもなんかごつくてかっこいいのさ。

トイカメラ07

結構ごっついカメラなんです。何かと比較しようと考えた結果、フィルムにしました。
大きさが伝わればいいナ。昔のカメラってこんな感じだったのかな?と思います。

気づいたときにはデジタルカメラばかり使っていたので、フィルムカメラの大きさがイマイチわかりません。
遠目で見たら一眼レフを首から下げていると思ってもらえるでしょうww。

あとおもちゃのくせに意外と重いのです。だからあんまりおもちゃおもちゃしていません。
首から下げていてもオシャレになると思う。
ちゃんとレンズカバーもあるよ。ただの被せるキャップだけどね。
意外と本格的でしょ!私はまだまだ初心者なんで使いこなせてないけど・・・・魅力がたっぷり詰まったカメラには間違いありません。

仕事柄(新米se)なのか、カメラが好きな人が周りにかなりいるんですよね。ゆくゆくはやっぱり一眼レフを購入したいね。そのためにもseでキャリアアップしなきゃって思っています。

seは、専門職だし、やりがいがあります。前は販売職だったけど、将来が不安だったからね。話が逸れちゃったけど、seに転職するというのはアリだと思うよ。

奇抜な現代のファッション

最近のファッションは大分奇抜なものも多いなあと思うことがあります。先日テレビを見ていたら、スウェットがおしゃれという内容の番組があって、主人と二人で顔を見合わせました。
スウェットってどう見ても部屋着みたいなイメージがあって、女子でこそタイトスカートなんかで生地がスウェットだったりするのも見かけましたが、男子が町中でスウェットはいてたら「あれ、あの人着替え忘れてる??」くらいに思ってしまいそうな気がするんですが、おばちゃん発言でしょうか。ていうか下手に町中じゃないところだと、フツーに部屋着で用事すませにちょっと出てきた人みたいになりそうな気がするんですけど…。

テレビの中のタレントさんはモデルさんのアドバイス受けながら、さすがにおしゃれに着こなしてらっしゃいましたが、これ一般の人がしたらどうなんだろうなあと思うような雰囲気もありました。
けど、そうやって思い起こせば、自分達の通りすぎてきた奇抜なファッションにも同じようなレベルのものがたくさんあったなあーと思います。ダメージジーンズに、ピチTに、腰はきパンツ…きっと親世代はみんな、今の私たちのようにポカーンと口を開けてたんじゃないでしょうか。おばあちゃんなんかになると目を伏せたり「いやらしい!!」とあからさまに嫌悪感をむき出しにしたりされてたと思います。

主人がスウェット地のおしゃれパンツ買ってはいてたら、どこからどう突っ込んでいいかわからなくなります、きっと。そもそもどっちかというと黒白好きな主人ですので、形もスタンダードを求めるタイプで、あまり冒険する感じじゃないと思うのもあって余計です。それゆえ細かなこだわりがあったりもするそうですけど。

そういえば主人の会社で 数年前にクールビズだからって制服以外の自分で買った青か白のポロシャツで働いてもOKになりました。ところが先日、また身だしなみがだらしなく見えるからっていう理由でポロシャツはNGになったんですよね。おかげで自分で買いそろえたものが全く使い物にならないという、残念な結果になってしまいました。開襟シャツなんかもあったんですが、ボタンが首もとにあるものだけしか、ダメになっちゃったんですよね。

ともあれ、もう使わないポロシャツはきれいなまま3着も捨ててしまってももったいないので、ボタンをとってチョキチョキして、縫い合わせて子どものスカートにしてしまおうかなーとかも目論んで見たりとか。とにかくパパの来ていたメンズ服はなんとか再利用したくて考えてます~。スポーティーなポロシャツの生地を違うものに使ってみるのも楽しみにしてポジティブに考えます。

自分の道を切り開きたい時にはフール―で天元突破グレンラガンを見ます

天元突破グレンラガンは熱いアニメとして有名かと思いますが、中でも最後の戦いの場面は他に類を見ないぐらいの温度になっていますね。

このアニメは色んな事を熱い気持ちで解決していきます。中には、と言うかほとんどどうにもならないような状況が多いのですが、それでもドリルで無理やりにこじ開けていくんですよね。細かい事は気にするな、と言わんばかりの主人公達の活躍は、不思議と辛い時も何とかなるかも、と思える力があります。

最後の戦いの場面では仲間が自分の命を使って助けてくれた後に起こるので、それぞれのキャラクターが自分の気持ちを言葉にしていきます。ギャグテイストも強い内容ですが、そういうのは一切なしです。

とにかくイケイケで、自分たちの道を自分たちで切り開く事に成功しました。何の感情も無くただただ泣けたシーンはかなり珍しいです。

嬉しい場面が多い反面、悲しい場面も多くなっているので、気持ちを揺さぶられる事もあるでしょう。それぞれのキャラが自分の足でしっかりと生きて死んでいく様は、無駄なんて一切ありません。それは敵キャラクターも同じで、スケールそのものも大きいですね。

ノリが少し変わっていたり、展開が早かったり、若干子供向けの絵柄になっていたりと、引っかかるかも知れないポイントはありますが、うじうじ悩んでどうしようもないのであれば発散しても良いでしょう。

単純に動きも多いアニメですから、そういう所も楽しめる部分です。何度も見たはずなのに、また見ると必ず泣いてしまう作品です。

フール―に入っていたら、見れるから見れる人は見てみるといいよ。